第33回 一生に一度だけのお願い

2017.09.27 (WED)

みなさん、こんにちは。

「7つの習慣for不動産賃貸業」のファシリテーターを務めています、丸地と申します。

 

私事で大変恐縮ですが、先週の日曜日(9月24日)に、生まれて初めて宇佐神宮に行ってきました。

一度は行ってみたいと思っていたのですが、車で2時間半ほどかかるということもあって、躊躇していました。

 

行ってみた感想はというと・・・・・・、

 

「これは、みんな絶対に行くべき!」

 

という感じです。

境内の神聖な雰囲気は、本当に素晴らしかったです。

普段はパワースポットという言葉があまり好きではない私も、何だかパワーを受け取ってきました(笑)

福岡市内からは少し距離がありますが、おススメです。

 

さて、宇佐神社の参拝の作法は、他の神社と異なることをご存知ですか?

通常、「二礼二拍手一礼」だと思いますが、
ここ宇佐神宮では「二礼四拍手一礼」というのが正式な作法となっています。

この「二礼四拍手一礼」は、宇佐神宮と出雲大社でのみの作法らしいのです。

特別な感じがしますよね。

 

境内には様々なパワースポットがあるのですが、

その中に「願掛け地蔵」というお地蔵様がいらっしゃいます。

いわく、このお地蔵様に願掛けをすると、一生に一度だけ願いをかなえてくれるそうです。

 

早速願いをかなえてもらおうとしたのですが・・・・・

 

願いが思い浮かばない(泣)

 

小さなお願いはいっぱい思い浮かぶのですが、何せ一生に一度しか願掛けできない。

小さなお願いではもったいないですよね~

結局お願いしたのが・・・・

 

家内安全(笑)

 


まぁ、やっぱりこれが大切かな、と。

うーん、何だか自分にがっかりです。

 


これは、7つの習慣で考えれば、第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」の実践不足ですね。

第2の習慣、文字通り「終わりを思い描く」、自分自身が本当に得たい結果を思い描く習慣です。

自分の人生を通して、本当に達成したいと思うことを明確にするものです。

 

「“目標”を明確にしましょう!」というように解釈されることもあると思いますが、

私の解釈では、“目標”というよりも、その先にある“目的”のほうが相応しいかな、と思います。

目先の小さな目標ではなく、その先にある“目的”を明確にすることで、目の前の小事に心を奪われずにすみます。

 

ありがちなのが、目の前の目標に一生懸命になるばかり、本来の目的を見失ってしまうこと。

・・・・・先週の私の状態ですね(笑)

 


さて、「願掛け地蔵」の件については続きがありまして、
家に帰って調べたところ、どうやら願を掛けている姿を誰にも見られないようにしないといけないそうです。

この条件を満たしていないので、まだセーフかな?

もう一度チャンスをもらえたと考え、改めて“目的”を明確にしようと思います。

 

 

では、ここで質問です。

一生に一度だけ、願いをかなえてくれるとしたら、あなたは何をお願いしますか?

それを叶えたい理由は何ですか?

その願いの先で得たいものは何でしょうか?

 


・・・次回に続きます。

 

 

7つの習慣for不動産賃貸業についてのお問い合わせはこちらへ

(株)三好不動産 経営企画部 7つの習慣事務局
TEL:092-725-5000
MAIL:seminar@miyoshi.co.jp

※「7つの習慣」はフランクリン・コヴィー・ジャパン(株)の登録商標です。

プロフィール

丸地 見典(まるち けんすけ)

1979年愛知県生まれ。
大学卒業後、高等学校教諭を経て株式会社三好不動産に入社。
三好不動産にて各種研修の企画や運営を担当し、自ら講師としても登壇する。
2011年より社内で7つの習慣研修を開始し、2015年に「7つの習慣for不動産賃貸業」をフランクリン・コヴィー社と協同で開発。
7つの習慣を通して不動産業界の発展のために活動している。

最新記事

過去記事

物件管理個数 福岡No.1!三好不動産 福岡の不動産会社といえば三好不動産

PAGE
TOP